汗かいてますか?

ジメジメとした梅雨から、夏に移り変わる時期。

汗をかく時期となってきましたが、皆さんは

「どこ」から「どのような汗」をかいていますか?

今回は「汗でわかる体調」についてお話したいと思います。

東洋医学の古典では、「夏は陽気が達する時期。適度な運動で一日一回は発汗しないと、からだの中に熱がこもって病気になる」とあります。

いらないものを排出しデトックスしていかないと、体に溜まって病気の元になっていくのですね。

夏の暑さで、冷えた飲み物をたくさん飲んだり、冷房にあたって冷やしてしまうと、この排出のデトックスができなくなり汗をかきにくくなっていまいます。また、汗をかいてもべたべたとした体にまとわりつくような汗になってしまうので、「どこにどんな汗をかいているか」「どんな体質でそうなってしまうのか」を知って、ご自身に合った養生法をみつけてみましょう。

汗をかく場所
●首の汗

デトックスがうまくできていないことが多いです。

ストレスが貯まっていたり、アルコールなどから肝臓の疲れがあることも。

肌荒れを一緒に引き起こすことも多いです。

●頭の汗

食べ過ぎ、刺激の強いもの食べたり、冷たいものを取りすぎたりで胃腸が弱っている方。

胃腸が疲れて冷えてしまっているために、体の熱が上に上がっています。

食事に気を付けて、よく噛んで食べてください。

●脇の汗

不安や緊張が強い時に多くなります。

ストレスを感じないようゆっくりと過ごしてみてください。

●手のひら、足の裏の汗

こちらも緊張やストレスによることが多いです。

ストレスにより気の流れが停滞し、交感神経優位となっています。

●上半身の急な汗

女性ホルモンの低下による自律神経の乱れの恐れがあります。

気(自律神経)の乱れにより、暑くもないのに汗をかいてり、急にほてったり、イライラしたりで発汗してきます。

どんな汗
●水毒の汗

においもなく、サラサラとした汗は良い汗です。

逆に触るとべたべたし、においもある汗は、からだに水が溜まってしまっている「水毒」の状態です。

体が冷えてしまっていることで、皮膚に汗が留まりきちんと発汗できていないため、更に体が冷えてしまうのです。このような方は、体を触ると冷たく感じる方が多いです。

水毒の方は、毎日、ぬるめのお湯にゆっくりつかって入浴し、食べ物や飲みものも体を冷やすものは避けましょう。また、食事に薬味を取り入れて体を温めるのもおすすめです。

オフィスが冷房で冷えている場合は、昼休みには一度外にでて体をリセットしてみてください。

●気虚の汗

少し動くと汗をかく緊張で汗をかく、寝汗がひどい、首から上に汗をかくなどの症状の方は「気虚の汗」の方です。

すぐに汗をかくと、毛穴が開き冷気が入り込み、冷えやすくなります。

それによって、胃腸の調子が悪くなったり、睡眠不足が引き起こされます。

このタイプの方は、食事のバランスが悪かったり、冷たいものや、体を冷やす砂糖が多く入った甘いものを好むなども原因のひとつなので、食事を見直してみましょう。

夏はこれまで溜めてきたものをデトックスする時期。

気持ちの良い、すっきりした汗をかいて体をリセットしてみましょう!

はり灸治療での体質改善はコチラ
全身はり灸治療 初回90分 
初診料 1,500円 診療費 7,000円

WEB予約