港南中央で交通事故にお困りの方

☆交通事故にあってしまったあなたへ☆

➀ 交通事故後にどのような対応をしたらよいかわからない

②交通事故後身体に痛みがある

③慰謝料はいくらもらえるの?

④整骨院と整形外科どっちに行けばいいの?

このようなお悩みはありませんか?

◎順番に解説していきます。

事故後の対応

1.まずは警察に電話しましょう 

警察に電話をかけ警察に事故の状況を説明し、”交通事故証明書”を発行してもらいます。

警察への届け出は加害者に義務がありますが、届け出を出さない事もあるので

必ず警察へ連絡しましょう。

2.事故相手の確認をしましょう

事故をおこした相手の名前や住所、電話番号を聞きましょう。

免許証をみせもらうと早いと思いますが、電話番号も忘れず聞きましょう

事故相手のナンバーも控えておきましょう。

相手の車検証や自賠責の番号も念のため確認しておきましょう。

相手の許可をとってスマートフォンで写真を撮るのがいいと思います。

3.目撃者をみつけましょう

交通事故でトラブルが起きた際、第三者の目撃者の情報があれば協力を得て

証言をしてもらったり、証言をメモしておきましょう。

いざとなった時証人がいると心強いです。

4.保険会社に連絡をしましょう

ご自身の加入しいる自動車保険会社に連絡をしましょう。

搭乗者保険をかけていれば搭乗者がいる場合は請求ができます。

4.病院で診察を受けましょう

事故後は痛みが無くてもその後痛みがでることがよくあります。

また、人身事故の取り扱いになっていないと治療費の支払いが

受けられなくなってしまいます。

診察を受け、診断書をもらいましょう。警察に提出する書類になります。

後遺症が出た時も診断をしてもらうのはお医者さんです。

自覚症状が無くても一度診察を受けましょう。

交通事故後に身体に痛みがでたら

交通事故直後は痛みがなかったが、翌日や翌々日に痛みがでたという事がよくあります。

例え自覚症状がなくても実は身体に損傷が起きていることがあります。

病院でレントゲンには問題ないと言われてもレントゲンに映らない

筋肉や靭帯を痛めている可能性もあります。

また、事故後の痛みがなかなか良くならず後遺症となってしまうこともあります。

~交通事故後に起こりやすい症状~

・頸椎捻挫(むち打ち)

・腰椎捻挫

・肋骨骨折

・打撲

 などがあります。

頭部外傷や骨折の可能性もありますのでまずは病院で診察を受けましょう。

その後、治療は医師の同意をもらい整骨院などで

マッサージなどの手技療法を受けるといいでしょう。

 【当院は交通事故後の治療を得意としています】

慰謝料はいくらもらえるの?

事故後の被害者に支払われるお金は以下の通りです。

◇治療費:治療にかかったお金です。

◇通院費:通院にかかったお金(タクシーやバス、電車など)

◇入院雑費:入院時に必要になったお金

◇文書料:診断書作成にかかったお金

◇休業損害:会社を休むことを余儀なくされた時に支払われるお金

◇後遺症障害慰謝料:後遺症認定された時にのみ支払われるお金

◇後遺症障害:逸失利益後遺症がなければ得られたであろう収入に対するお金

◇死亡慰謝料:被害者が亡くなってしまった時に本人と遺族に支払われるお金


 ◎交通事故の慰謝料を決める基準

~自賠責基準の慰謝料~

 自賠責基準は慰謝料や賠償金の総額が120万円を超えない場合が基準です。

 *自賠責保険の限度額は120万円です。それ以上は意保険の基準になります。


 ~任意保険基準の慰謝料~

 自賠責保険の限度額を超えた賠償金を補償する保険

 保険会社で設定金額は異なります。

 *けがの程度や被害者の状況によって変動があります。


~弁護士基準(裁判所基準)~

 弁護士を立てることを前提としたもので、裁判所の決定に基づいて

 算出される基準になります。自賠責や任意保険より金額は高くなります。

 *慰謝料を請求する明確な根拠を提示する必要があります。


 ◎自賠責保険による計算

おおよそ

 ・4200×(通院日数)×2

 ・または4200円×(治療期間)

  *治療期間は事故から完治した日、又は症状固定となった日まで

  上記の少ない方

症状固定とは医学的には治療していてもこれ以上よくならないという状態

症状固定は医師の診断が重視され、最終的には裁判所が決定します。

症状固定後は後遺障害として扱われ、その後の治療費は自己負担になってしまいます

症状固定日は後遺症の等級判断の基準になります。

保険会社からの連絡で症状固定にしましょうと言わるとことは 

「そろそろ打ち切りにしましょう」とうい意味になります。

整骨院と整形外科どっちにいけばいいの?

 事故後はまず病院へ

交通事故のあとは整形外科や病院で診察やレントゲンを撮ってもらいましょう。

症状によってMRIなど精密な検査が必要な場合があります。

ここで診断書をもらうことを忘れないでください。

*診断書がないと治療費の請求に支障をきたす場合があります。

また入院が必要なこともあるので事故後はまず病院へ行きましょう。

 医師の同意を得てから整骨院へ

医師の同意を得てから相手側の保険会社に連絡をし

「○○整骨院へ通院しようと思います。」と言いましょう。

新しく通う院あてに治療費を支払ってもらう手続きをする必要があります。

 整形外科と整骨院どちらがいいか

初めは必ず整形外科や病院へ行ってください。

その後、症状に応じてですが、整形外科や病院でしっかりリハビリを

おこなってくれ、通いやすい場所であればそのまま病院でリハビリを

おこなうほうがいいと思います。

ただ痛み止めや湿布を出されて終わり、リハビリも電気だけの場合は

整骨院に通いしっかりと手技治療をすることをおススメします。

港南中央駅前整骨院では国家資格をもつセラピストが

 交通事故後の治療を担当いたします。

 交通事故でお困りの方は是非当院へお越しください。

 当院へのアクセスはこちら

まずはお電話でご相談ください。